FFTをExcelで行いたいのですね。

広告

フーリエ変換はエクセルの機能を使って最大4096点のデータを扱うことができるようです。

これ以上の点数の場合はマクロを組むか他のソフトを使うことになります。

周波数成分に分解するとただ波形を見るだけでは分からなかったことが分かってきます。

どの周波数にピークがあるか、どんなタイミングでピークが現れるのか。

声紋分析なんてわくわくしますよね。テレビで良く専門家が知見を言ったりしていますけど。

式を見てC言語で計算する方法がマクロより精度が高く速そうな気がするのですが、お手軽ではないですよね。

Excelのマクロも良く探すと見つかるかもしれません。

あまり混み入った関数にならないような気もするので他言語からVBAに移植するのも良さそうですね。

数学的に高度な解析手法ですが、ただ三角関数の数の乗算・加算でしかないのでよくこんな美しい数式を作ったのか数学的に心を揺さぶられますね。

広告

関連コンテンツ