エクセルでIF文の条件式のような関数で使う大なりイコールについて知りたいのですね。

広告

代表的な比較演算子は次の通りです。
・AイコールB … A=B … AはBと等しい。
・A大なりB … A>B … AはBより大きい。(AはBと等しくはない)
・A小なりB … A<B … AはBより小さい。(AはBと等しくはない)
・A大なりイコールB … A>=B … AはBと等しいか又は大きい。(AはB以上)
・A小なりイコールB … A<=B … AはBと等しいか又は小さい。(AはB以下)

以下と未満などの概念を若いときに良く教わらなかったのかもしれません。

でもまだ大丈夫です。人生はこれからです。

小学生の時の勉強って高校で習う内容よりはるかに少ないのですが、一つ一つは確実に押さえておかないと大人になってから恥をかくぐらいではすまない場合もあるので大変です。

私も若い時に戻りたいとは思いませんが、伝えたいことはありますね。

その頃の自分の話し相手にできるのは今の自分しかいないような気がするので。

でもみんなどこかしらで挫折を味わっているのかもしれないし、自分しか見ていない自分には分かりません。

広告

関連コンテンツ